BLOG ブログ
BLOG ブログ

Update

【メルセデスベンツ 500E】入庫しました

「ポルシェの工場で生産された、メルセデスベンツ」
1991年、ドイツが誇る2つの名門のタッグによって生まれたモデル
【メルセデスベンツミディアムクラス W124 500E】

W124_メルセデスベンツ500E_autodirect_001

今回入庫したのは、1993年式、パールグレーがセレクトされた1台。
ヤナセディーラー物で、新車時より全整備記録がしっかりと揃っております。

また、直近の整備では各種マウント交換、ロアアーム、タイヤ交換等
100万円以上のコストを掛けてメンテナンスされております。

W124_メルセデスベンツ500E_autodirect_002

走行距離もわずか4.9万㎞、人気の高い希少車であり、市場の流通量も少ない中で
非常に好条件の個体ではないでしょうか。

W124_メルセデスベンツ500E_autodirect_003

500Eの最大の魅力とは、やはりメルセデスとポルシェの良いとこ取り。
往年のメルセデスのボディ剛性の高さ。
独自のモノコックボディ、強靭なフロアとねじり剛性を抑えたリア上屋の絶妙なバランスから生まれるトラクションの曖昧さ。
ポルシェもまた、911の突出したリアのトラクションをハッチバックの928、924に継承するべく、
新設計のトランスアクスルを設計するなど、トラクションの確保に余念がありません。

W124_メルセデスベンツ500E_autodirect_005

設計思想の共通する2つの名門から生み出された【W124 500E】
完璧に躾されたトラクションに、5.0ℓV8【M119E50型エンジン】の大排気量。
加速するほどに車体が深くしゃがみ込むような、鮮やかでリアリティに富んだドライビングフィールは911譲りでしょうか。
ステアリングを通して体中に隆々と伝わってくるそれぞれの個性の共演は、
【メルセデスベンツ500E】でなければ味わえない感動と興奮

W124_メルセデスベンツ500E_autodirect_006

W124_メルセデスベンツ500E_autodirect_007

メルセデスの長い歴史、さらにはポルシェの歴史においても、
ことさらに異質な存在であり、神格化された希少なモデル。

W124_メルセデスベンツ500E_autodirect_009

是非この機会に、トップコンディションの「メルセデスベンツ 500E」を手に入れてみてはいかがでしょうか。

【アストンマーティン DB9】~ネオクラシックの魅力と商品化~

今回入庫しましたのは、【アストンマーティンDB9】2007年式

アストンマーティン_DB9_AUTODIRECT_001

2000年初期の車は、現代車にはないデザイン性や、室内のアナログなスイッチ系統など、

「ネオクラシックカー」として、非常に需要が高くなってきており、

【アストンマーティンDB9】も、ネオクラシックを代表する1台として、再注目されております。

 

アストンマーティン_DB9_AUTODIRECT_002

 

現代車でもなく、クラシックでもない

中間的な位置づけの「ネオクラシック車両」の、仕入れ販売において、

最も重要なことが【古臭さを感じさせない】こと。

オートダイレクトでは、十数年の歳月を感じさせないコンディションに仕上げて、お客様にお届けします。

 

アストンマーティン_DB9_AUTODIRECT_003

 

では、

パっと、みた時に

「使い古された車」と感じるか、「貫禄のある車」と感じるか。

おそらく1番気になるのは、シートの使用状況かと思われます。

 

アストンマーティン_DB9_AUTODIRECT_004

ビフォー

 

アストンマーティン_DB9_AUTODIRECT_005

アフター

座面のヘタりを、リフレッシュすることで経年による使用感がなくなり、

対照的に、アナログで機械的なインパネの存在感が「ネオクラシックのアジ」として、際立ちます。

アストンマーティン_DB9_AUTODIRECT_006

アストンマーティン_DB9_AUTODIRECT_007

さらに今回のDB9は、左右ドアハンドルを再塗装し、小さなキズを消しました。

アストンマーティン_DB9_AUTODIRECT_008

ビフォー

乗り降りの度に必ず目に入る部分ですので、外すことのできない修正ポイントとなります。

アストンマーティン_DB9_AUTODIRECT_010

アフター

 

外装はやはり傷を失くすこと。

ネオクラシックなデザインが【古臭い】と感じさせないためには、

新車当時のツヤ感やディテールを再現することがポイントとなります。

今回は、ホイールリペア・フロントリップ下スリの修理、磨きによる飛び石傷の軽減なども。

 

アストンマーティン_DB9_AUTODIRECT_011

ビフォー

 

アストンマーティン_DB9_AUTODIRECT_012

アフター

こうして商品化を行い付加価値を与えることで、新たなオーナー様へとお届けいたします。

アストンマーティン_DB9_AUTODIRECT_013

アストンマーティン_DB9_AUTODIRECT_013

 

オートダイレクトに入庫した車両は全て、
入庫時に、内外装の補修ポイントチェック、機関の動作確認を行った上で販売準備を行います。

クラシック・ネオクラシックの車を購入したいけれど、状態が良い車両が見つからない、

そんなユーザー様は是非一度、オートダイレクトにお越しくださいませ。

一目見た瞬間に、【この車両は何か違う】と、感じていただけるはずです。

 

アストンマーティン_DB9_AUTODIRECT_014

【アストンマーティンDB9】2007年式
詳しくは、こちらをご覧ください。
(※本車両は、売約済となりました。誠にありがとうございます。2022/06)

 

ほかにも、気になる車両がございましたら、どうぞお気軽にお問合せくださいませ。

Mercedes-Benz 【250GD Wolf】が入庫しました。

Mercedes-Benz 250GD Wolf

抜群の存在感を放ち、ネオクラシックブーム、SUVブームの良いとこ取り、
大人の趣味に全力で応えてくれる1台

メルセデスベンツ 250GD WOLF【ゲレンデヴァ―ゲン】が入庫しました。

Mercedes-Benz_250GD_Wolf_autodiect_001

Mercedes-Benz_250GD_Wolf_autodiect_002

以前入庫し、問い合わせが殺到、すぐにご成約となった「ソーラービームイエロー」に継ぐ入庫です。

 

Mercedes-Benz_250GD_Wolf_autodiect_003

Mercedes-Benz_250GD_Wolf_autodiect_004

通称”ウルフ”と呼ばれるモデルコード「W461」のゲレンデヴァーゲンは、

1981年にアルゼンチン軍に正式に軍用車として採用されて以降、
オーストラリア、スイス、NATO、国連、ドイツと世界各国で正式採用されていきました。

Mercedes-Benz_250GD_Wolf_autodiect_005

当車両はNATO軍で使用されていた「250GD」をアメリカのGクラスプロフェッショナルがフルレストア、
ボディはもちろん、サスペンション・フレーム・エンジン・ミッション・クラッチ・ブレーキ...
およそ1,000時間をかけて新車当時を超えるコンディションをもって復活させた1台です。

 

Mercedes-Benz_250GD_Wolf_autodiect_006 Mercedes-Benz_250GD_Wolf_autodiect_007

Mercedes-Benz_250GD_Wolf_autodiect_008 Mercedes-Benz_250GD_Wolf_autodiect_009

※写真は実際に今回入庫した車両の作業工程を撮影したものです。

外装、機関だけでなく、インテリアも現代的でカジュアルで、程よいネオクラシックな造りです。

Mercedes-Benz_250GD_Wolf_autodiect_010

Mercedes-Benz_250GD_Wolf_autodiect_011

内装にはブラウンビニールが採用され、ヴィ―ガンの思想を考慮した造りに。

Mercedes-Benz_250GD_Wolf_autodiect_012

リアのフロアにはウッドを使用。
高級感はもちろん、リビングスペースのような居心地の良さがあり、
オープンエアでの解放感も抜群です。

Mercedes-Benz_250GD_Wolf_autodiect_013

無骨でクラシックで、まさに軍用車と呼べる異彩を放つ1台
オートダイレクトでは、あえてこの1台をモダンに乗りこなしていただきたいと思います。

表参道や青山、銀座など。
洗練された現代の街並みに心地よい違和感を。

Mercedes-Benz_250GD_Wolf_autodiect_014

是非この機会に、遊び心溢れる「Mercedes-Benz 250GD Wolf」を、

手に入れてみてはいかがでしょうか。

詳しくは、こちら を、ご覧ください。

Mercedes-Benz_250GD_Wolf_autodiect_015

この機会に、オートダイレクトにお越しください。

【入庫速報】メテオライトシルバーのDB9が入庫しました

 

 

2007年式 アストンマーティンDB9が入庫しました!

 

 

 

エクステリアはこれぞアストンといえるメテオライトシルバー

内装はオブシディアンブラックに深いグリーンのツートンカラー

 

 

 

 

ロンドンの灰色の空と美しい街並み

英国生まれのジェントルカーらしさをどこまでも追及したような組み合わせの1台

 

 

 

 

年を重ねても色褪せることのない完成されたデザインは今もなお美しく

それでいてネオクラシックの風格を纏い始めた初代DB9

 

歴史、スペック、デザイン、

どれをとっても紛れもない名車

 

 

是非この機会に憧れの1台を手にしてみてはいかがでしょうか