BLOG ブログ
BLOG ブログ

Update

【ストックカー紹介】強烈な個性を放ちながらも、万人を虜にする美しさ【ランチアフラミニアGT】

 

今回は、オートダイレクトの自慢のストックカーの中でも
特に異質な存在で、希少で、美しい
1962年モデル【ランチア フラミニア GT TOURING 3C】のご紹介です

 

 

 

 

FORZA STYLE様が運営されているYOUTUBEチャンネル「中年と中古車」でも特集され、
コアなファン層を中心に大変大きな反響をいただいております

 

 

 

 

 

エンジン、ミッションオーバーホール済み、
内装もレザー、カーペット張替え、ゴム類など各所交換済みで
年式を感じさせないミントコンディションの1台となります

 

 

エンジンは2.5リッター 水冷V型6気筒OHV、
3連装されたウェーバーC35DCNLにより、
140bhp/5600rpm 最高速度は191㎞/hをマークします

 

 

 

 

 

 

スーパーレッジェーラ(超軽量)工法により、車両重量はわずか1270㎏

トランクリッドには、Carrozzeria Touringのエンブレムが誇らしげに掲げられ、

翼と王冠のデザインは、それぞれスピードと格式を象徴したものになります

 

 

 

 

ピニンファリーナ、ツーリング、ザガートの各社がデザインを手掛けたモデルが用意され

3つのカロッツェリアによるそれぞれの個性溢れるモデルは、世界中のカーガイを魅了しました

 

 

ボンネットフードのモデルエンブレムには
6つの円と3Cの文字
これは6気筒エンジンと3基のウェーバーキャブレターを意味します

 

 

 

1960年代としては極めて珍しい4輪ディスクブレーキは高速走行時には非常に心強く、
これは賞賛に値するフラミニアの重要な特徴のひとつではないでしょうか

 

 

 

クセのあるシフトに、身体の芯を震わせるような低音のエグゾーストノート
クラシカルで男臭い、繊細でどこかぶっきらぼうなインテリア
そしてなにより、ツーリングの手掛けた美しいボディデザイン
その全てが魅力的で、唯一無二で、フラミニアじゃないとダメなんだと思わせてくれます。

 

 

 

V型エンジンやモノコックボディを初めて採用した、
自動車業界ではパイオニア的な存在であるランチア社

 

その輝かしい歴史の中でわずか628台しか生産されていないフラミニアGTツーリング

 

是非この機会に、この特別な1台を手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

【より美しく】デラシャペルのコンソールが生まれ変わりました【ブラッシュアップ】

 

クラシックカーの販売は、

問題の洗い出し、改善、さらなる追求の繰り返しにより

その個体は驚くほどに生まれ変わります。

 

 

 

 

どれだけ時間とコストがかかろうとも、中途半端な個体をお見せすることはしません

お客様に最高の1台をお届けできるようオートダイレクトは尽力します

 

 

 

今回は内装リペアのプロフェッショナルに依頼をし、

デラシャペルのコンソール日焼けを修復しました

 

 

 

 

 

日焼けによりコンソールだけ淡いベージュになっているのがおわかりいただけますでしょうか

色褪せていたシフトノブも併せてブラッシュアップしていきます

 

 

 

 

 

 

分解、マスキング、削り出し、色味の調合、塗装

一つ一つを丁寧に行っていき、仕上げていきます

 

 

 

 

 

丸一日の作業となりましたが、デラシャペルのコンソール、シフトノブはここまで生まれ変わりました

 

 

 

 

 

ドライバーズシートから見える景色は、

オーナー様が最も長く眺めていくことになる光景となります。

 

 

 

 

 

オートダイレクトでは、お客様目線で、さらにはその車のオーナー目線で

「この車が愛車だったら、自分だったらどうするか」

この目線を持って1台1台と向き合っていきます

 

 

趣味性の高い車だからこそ、「ようやく巡り合えた1台」だからこそ

妥協することなく、お客様に最高の満足をお届けいたします

 

 

 

 

 

次回のブログでは、オートダイレクト自慢の1台

「ランチア フラミニアGT ツーリング3C」

をご紹介いたします

 

 

引き続き、オートダイレクトブログにご注目ください

 

【入庫速報】アルピナ B3 は買いです!【アルピナブルー】

王道のアルピナブルーにブラックレザーの組み合わせの2014年式 アルピナ B3ビターボ リムジンが入庫しました

 

 

 

 

 

BMW N55エンジンをベースに、ツインターボ対応のため専用シリンダーヘッド、ヘッドカバーを作成
マーレ―製の鍛造ピストンに専用の鍛造クランクシャフト
最高出力は410馬力に達します

 

 

 

 

[ALPINA]の文字を掲げた専用バンパーと両ドアのデカール
ステンレス製のエキゾーストパイプに、これぞアルピナと言える20スポークの20インチホイール

 

 

 

 

 

 

 

専用ステアリングもさることながら、やはり目につくのはアルピナを象徴するエルムウッドのトリム

 

 

 

 

 

 

ネオクラシックのアルピナの無骨なコンソールデザインとの相性も良かったのですが、
利便性が追求されたメカメカしいコンソールに、クラシカルなウッドのアンバランスさ。
この心地の良い違和感こそが現代のアルピナの良さの一つかもしれません

 

 

 

 

 

美しいウッドトリムに見惚れながら視線を下げていくと、
誇らしげに掲げられたプロダクションプレート

 

 

 

 

早朝のドライブに立ち寄ったカフェでコーヒーをテイクアウト
再びシートに腰を据えて、コーヒーカップを傾けながら一息ついた先には
「あなた様はアルピナという芸術作品のオーナーです」と語りかけるように
その特別なプレートが目に入ります。

 

 

 

3シリーズベースなので車体はかぎりなくコンパクトセダン

 

都内の狭い道路事情でもノンストレスの操作性

コーナリング時のコーナーに吸い付くようにクイックに曲がる感覚
ポルシェ911カレラ4Sに勝るとも劣らない車体との一体感が生まれます

 

 

 

 

 

アルピナを乗れば乗るほどに、コーナリングの一体感を感じるほどに、
右足のほんのわずかな1の入力を汲んで100で応えてくれるストレートシックスと会話をするほどに
その魅力に溺れていく

 

生粋のアルピニストはもちろんのこと、
近年、数々の車を乗り継いできたカーガイ達の間で
その人気を高めつつあるアルピナの確かな品質の高さ

 

 

間違いなく買いの1台です

 

 

是非この機会にオートダイレクトにてお確かめください。

【動画撮影】ポルシェ918spyder 【近日公開】

 

2021年3月16日

オートダイレクトに入庫したポルシェ918spyder

 

 

 

 

国内登録に向けて着々と作業をしており、月内にはナンバー取得予定です

 

 

 

 

フルカーボンのボディは総重量わずか1490kg

620馬力の4.6L V8エンジンをミッドシップに配置し、さらに前後に合計3個、計220馬力を発揮するモーターを搭載、

システム合計は887馬力に達します

 

 

 

 

0-100加速2.8秒をマークし、トップスピードは345㎞/h

ニュルブルクリンクでは991 GT2 RSの7分18秒を大幅に塗り替え、

当時市販車最速の6分57秒のラップタイムをマークしました。

 

 

 

 

 

これほどのハイスペックでありながら、リッター30㎞の燃費性能

これは初代プリウスを凌ぐ数字になります

 

 

 

 

918の異次元の迫力、エンジンサウンド、加速感を皆様によりリアルにお伝えできるよう、

プロモーション、インプレッション動画の撮影、公開を予定しております

 

 

 

 

 

みなさま、引き続きオートダイレクトブログにご注目ください!

 

【入庫速報】fully restoredのMGA1500ロードスターが入庫しました【コレクションカー】

 

非常にコレクション性の高い上質なMGAが入庫しました

 

1958年モデル ファクトリーレコード取得済み

1986年に日本国内登録された個体になります

 

 

 

 

 

 

休日にはオープンテラスのカフェにドライブに行き、

コーヒーカップを傾けながら思わず一日中眺めてしまいそうな美しいデザイン

 

 

 

 

 

 

THE英国クラシックといえる美しいブリティッシュグリーンにウッドパネル

日本の四季折々のドライブシーンに映える1台

 

 

 

 

1958年からタイムスリップしてきたようなコンディション

これほどまでに状態の良いMGAはなかなか見つかりません。

 

 

近日中に公開となります

皆様、いましばらくお待ちください

 

 

【入庫速報】アルピナの心臓を持つブガッティtype55【デラシャペル】

 

 

非常に面白い車が入庫しました!

 

 

1930年代の名車ブガッティtype55のエクステリアにBMWアルピナのエンジンを積んだ

世界限定88台、超マニアックなモデル

1990年式 デラシャペル T55 Roadsterが入庫しました

 

 

 

 

 

コンクール・デレガンスでは7.5億円の金額で落札されたブガッティtype55

 

 

 

 

80年の時を超えても色褪せることのない名車中の名車ですが

 

その強烈で美しく洗練されたtype55のデザインをそのままに、ブガッティ公認でエンブレムを掲げ、

BMW公認でアルピナのエンジンを積む、デラシャペル社製の1台

 

それがデラシャペルT55ロードスターになります

 

 

 

 

 

わずか88台のみ生産されたT55

オートダイレクトの1台は90年製のNo.69

つまり、210馬力のアルピナB6 2.7リッター 直6エンジンを積む最終モデルになります

 

 

わずか1170kgのボディにアルピナの210馬力直6エンジン

抜群の加速感をご堪能ください

 

 

 

 

 

 

中身は1990年、外装からは想像もつきませんがエアコンもばっちり効きます

季節を問わず、いつでもお楽しみいただける1台でございます

 

 

 

 

 

1930年代のブガッティの名車type55に現代の走行性能と快適性を落とし込んだ

いいとこどりで贅沢な1台

 

早朝の銀杏並木、深夜の首都高、桜満開の目黒川、紅葉の箱根

四季折々をどこまでも贅沢に、自分勝手に、自由気ままに

 

 

近日中に掲載開始となります

是非この機会にデラシャペル t55 ロードスターをご検討くださいませ。

 

 

 

【海外輸入】日本未発売 2シーターの「ランドローバー・DEFENDER」を確保しました。

 

この度、非常にホットで面白い車両を確保しました!

 

皆様、現行の「ランドローバー DEFENDER」に2シートのショートモデルが存在することをご存じでしょうか

英国ではすでに販売が開始されていますが、日本では発売されない、

さらには本国でも完全受注販売の超希少な限定モデルになります

 

 

 

 

 

 

現代では、各国の高級メーカー、スポーツカーの名門までもがSUVのモデルをリリースし、

コロナ禍でも楽しめるアウトドアとして「ソロキャンプ」が大注目となったりと、

SUV需要は、より一層高まっております。

 

 

 

 

 

さて、今回オートダイレクトが【即納車両】として確保しましたのは

前述のとおり、ランドローバー社から新たにデビューした2シート DEFENDER 90

それも「ベース・ラグジュアリー・コア」の3モデルをご用意させていただきました

 

 

①ベース

 

 

 

②ラグジュアリー

 

 

③コアモデルは、よりハードな仕様。リア両サイドのガラスは取り払われております。

 

エンジンは直列6気筒のクリーンディーゼル。

2シーターに変更されたことで、ラゲッジスペースの容量、利便性はかなり向上しました。

 

荷室容量は1355リットル。幅は1326㎜、奥行きは1031㎜

耐荷重10㎏のフックに、さらには床下に58リットルの施錠可能な収納スペースも設けられております。

 

キャビンフロアは水洗い可能な全面ラバー張り、照明には通常モデルの5倍の照度が与えられました

実用性をとことん追求したことが各所に伺えます

 

 

 

生粋のディフェンダーファンにはもちろん、

移動時間も特別に、日本で自分だけの車、空間をもとめるハイエンドなアウトドアマン

趣味の時間から仕事時間、街乗りからオフロードまで

あらゆるシーンに対応できる、それでいて買いたくても買えない「超希少なプレミアムSUV」

 

いま、オートダイレクトでご購入いただけます。

 

 

日常を非日常に、あなただけの趣味の時間、あなただけの空間をよりマイノリティで特別なものに。

 

是非この機会に、ご検討くださいませ。

 

金額や仕様などの詳細は、気軽にお問合せください。

 

【空冷ポルシェ】モダンでスポーティーでクラシカル オートダイレクトのポルシェ914

 

 

今回は、オートダイレクト自慢の914をご紹介させていただきます

 

 

 

 

[白と黒のコントラストの美しさの追求]

このテーマを掲げてスタートしたポルシェ914のブラッシュアップ計画

 

 

ホイールはすべてリペア、再塗装をし、フックスホイールをイメージした仕上がりにしました

 

 

タイヤもクラシックタイヤをセレクト

性能とデザイン性を兼ね備えたモデルになります。

 

両サイドのドアには[PORSCHE]ロゴのデカールを貼り付け、よりスポーティな印象に

 

 

タルガトップのルーフも艶消しのブラックに再塗装、

オープンもクローズも、最高のスタイルをご堪能ください

 

 

 

 

 

内装のシートは特にこだわっております

 

まさに白と黒のコントラスト、さらには「ナローポルシェ」をオマージュした空間づくりをコンセプトに、

素材の選定から徹底的にこだわっております

 

縫製のプロフェッショナルに依頼し、ステッチ、質感、さらには立体感までも追及

機能性はもちろん、デザイン性も素晴らしく、スポーティでクラシカルな雰囲気を演出しました

 

 

 

 

 

 

 

前後バンパー、エンジンフードのメッシュ部分、モデルロゴなど

エクステリアの各所を再度黒に塗装しなおすことで経年を感じさせないコンディションに仕上げました

 

 

 

 

 

 

ドライビングポジションから視界に入る空間は、

やはり最もこだわるべきポイントであり、

ステアリング、ダッシュボード周りのレザーは張替え、リペアを行いました

 

 

 

 

これほどまでに愛情と時間をかけてブラッシュアップされた914はなかなかお目にかかれません。

 

 

変わり種な位置づけの914ですが、

迫力のある空冷サウンド、愛らしくも洗練されたデザイン、ポルシェらしさの詰まった走りや操作感、

それは紛れもなく刺激的な「空冷ポルシェ」です

 

 

 

 

低トルクだからこそ街乗りでもフルスロットルで回すことが可能で、背後から突き刺すような空冷サウンドを堪能しながら、

癖のあるポルシェシンクロを自在に操り、ミッドシップならではのコーナリングも楽しめる

 

 

・そんなポルシェがあったのか!

・欲しかったけど良い個体が見つからない、、

・一歩踏み出す勇気が、、

・空冷ポルシェのエントリーモデルを探している

 

是非この機会にオートダイレクトの914をご検討くださいませ

 

一度手にしたら手放せない

非常に魅力的な1台です