BLOG ブログ
BLOG ブログ

Update

【JAGUAR XK120】オープンカーの季節に、ウィリアムライオンズの傑作を。

1954年式  jaguar【 XK120 Roadster】のご紹介です

弊社入庫後にさらに重整備を施し、ドライブシャフト交換、ラジエーターOH、

プラグ交換、ブレーキ関係OH、リアショックアブソーバー交換etc

非常にグッドコンディションの1台となります。

jaguar初の完全自社開発【XK型直列6気筒DOHC】最高速度120mph(193km/h)

その後30年以上、jaguarの心臓として採用され続けた名作のエンジンを搭載。

jaguar_XK120_Roadster_AUTODIRECT_004

ウィリアムライオンズらしい曲線の美しさ、性能の高さが米国を中心に評価され、

jaguarの名前を一流のモーターカーブランドとして不動の地位に確立させたモデルとなります。

1951年、XK120をベースに開発されたレーシングモデル【XK120C】

【C-type】と呼ばれたこの1台は、1953年のルマン24時間耐久レースで優勝。

XK120の総合的な性能の高さを世界中に証明する結果となりました。

皆様お気づきのとおり、

1961年に誕生する、世界一美しい車と評された【E-type】へと続くモデルコードの誕生の瞬間です。

jaguarの輝かしい歴史、その礎を築いた【XK120】

Roadsterの生産台数は1950年から1954年の4年間でわずか7614台。

70年の歳月が経過した今、現存し、実際にドライブできるコンディションであることが奇跡であり、

購入できる機会が非常に少ない、大変貴重な1台となります

jaguar_XK120_Roadster_AUTODIRECT_010

オープンドライブがなんとも心地よい季節に、

【XK120】を選択してみてはいかがでしょうか。

名作エンジンの官能的なサウンドを最高のBGMに。

【メルセデス・ベンツ 280SL】

1970年式【メルセデス・ベンツ 280SL】カリフォルニアロードスターを、ご紹介いたします。

今回入庫した個体は、大変希少な「カリフォルニアロードスター」

幌とその収納部を取り払い、4シートの特別仕様に変更されたモデルです。

Mercedes Benz 280SL_AUTODIRECT_002

「パゴダルーフ」は装備されておりますので、

メルセデス・ベンツ280SLのクローズドスタイルの美しさもご堪能いただけますし、雨天時のドライブも可能です。

Mercedes Benz 280SL_AUTODIRECT_003

いわゆる【縦目】のメルセデス

デザイナー【ポールブラック】の最高傑作といわれ、300SLの血を受け継ぎ、

縦目のSLシリーズとしては最も人気を博し、ベストセラーとなったのが【Mercedes Benz 280SL】

Mercedes Benz 280SL_AUTODIRECT_003

Mercedes Benz 280SL_AUTODIRECT_005

モデルとしての歴史も素晴らしく、このクラスとなれば芸術品として眺めて楽しむコレクターも多くなりますが、

今回入庫した個体は【しっかりと走り、しっかりと整備されてきた】1台。

変速ショックは驚くほどに小さく、機関系のコンディションは非常に良好で、日常的にドライブしていただけます。

Mercedes Benz 280SL_AUTODIRECT_006

内装は新車のようなコンディション、さらに機関系のグッドコンディションもあり、

古き良き時代のメルセデスの重厚なドアを閉めた瞬間に、50年の時をタイムスリップしたような感動を味わえます。

Mercedes Benz 280SL_AUTODIRECT_007

「パゴダ ルーフ」の、クローズドスタイルをしばらくお楽しみください。

紅葉の時期にはカリフォルニアロードスターの純粋なオープンスタイルを。

12月の煌びやかに彩られた都心のオープンドライブも粋かもしれません。

乗って、眺めて、オールシーズン楽しめる芸術品となります。

 

Mercedes Benz 280SL_AUTODIRECT_008

 

是非この機会に、オートダイレクトにお越しくださいませ。

アメリカの大スターが所有したメルセデス・ベンツ【560SL】入庫しました

1989年式 メルセデスベンツ【560SL】が入庫しました


この個体は、驚くべきことに

“史上最高のクオーターバック”と称された、伝説のアメリカンフットボールプレーヤー

【ジョー・モンタナ】の所有していた個体となります。

さらに、1989年のモデルイヤーも、モンタナの人生において非常に意味のある数字。

1989年、第23回のスーパーボウルで魅せた大逆転劇【ザ・ドライブ】

これは今もスーパーボウル史上の伝説として語り継がれています。

今回入庫した560SLは、ジョー・モンタナが最も輝いていた年に生まれ、

彼の全盛期を共に過ごしたパートナーといえます。

素性の良さだけでなく、もちろんコンディションも抜群です。

2019年には250万円程のコストを掛けて、機関系をしっかりとメンテナンスされております。

SLらしい軽快な吹け上がりとコーナリング、なんともメルセデスらしい足回り、

内装のレザーに至っては、シート表面に若干の日焼けが見受けらる程度であり、

非常に高いコンディションが維持されております。

ネオクラシックブームの中、コンディションの良い個体を見つけることはもちろん難しいですが、

それに加えて【特別なヒストリー】を持ち合わせた個体は滅多に手に入りません。

ジョー・モンタナの熱烈なファンの方にはもちろんおススメですが、

それを差し引いても手に入れる価値のあるグッドコンディションの1台となります。

是非この機会に、この特別な1台を手に入れてみてはいかがでしょうか。

【XK120】jaguarの栄光、始まりの1台

今回ご紹介するのは、1952年式 jaguar【XK120 OTS】

ウエストミニスターブルーのエクステリア、

スピードスター仕様にカスタマイズされた至極の1台となります

1952年、国内正規ディーラーのない当時、

新車並行で日本に輸入されて以降、国内で大切に乗り継がれてきた個体。

前述の通り、当車両の一番のポイントは「レーシングスタイル」に仕様変更されていることです。

前後バンパーを取り外し、Frウィンドウもアクリルに、シートもバケットシートに変更され、

ステアリングもブルックランズスタイルに変更されているところにこだわりを感じさせます。

ボディ一体型のヘッドレストも、型から造り、溶接されておりますので、

かなりのコストをかけて制作されたことがうかがい知れます。

【レーシングスタイルこそがXK120の本質】

1951年、XK120をベースに開発されたレーシングモデル【XK120C】

jaguarの名前を一流のモーターカーブランドとして不動の地位に確立させたモデルとなります。

【C-type】と呼ばれたこの1台は、1953年のルマン24時間耐久レースで優勝。

XK120の総合的な性能の高さを世界中に証明する結果となりました。

皆様お気づきのとおり、

1961年に誕生する、世界一美しい車と評された【E-type】へと続くモデルコードの誕生の瞬間です。

【jaguarの不朽の名作XKエンジンを心臓に】

jaguar初の完全自社開発【XK型直列6気筒DOHC】

その後30年以上、jaguarの心臓として採用され続けた名作のエンジンですが、

市販車として初めてこの名作を搭載したのがXK120 となります。

当時、市販車最速を誇ったXK120

モデル名にある通り、最高速は120mph(190km/h)を記録しました。

さらに当個体は、後継モデル【Xk140】のエンジンに乗せ換えられておりますので、
XK120のわずか1150㎏の車重の軽さをそのままに、30馬力アップのトルクフルな走りをご堪能いただけます。

レーシングスタイルにカスタムされ、エンジンはXK140 のものに。

どこまでも走りにこだわり、追求したのは、

Xk120の歴史にしっかりとフォーカスしているからこその、こだわりのカスタムではないでしょうか。

70年の時を越え、実際に現存し、これほどまでに美しいコンディションを維持していること自体が

非常に貴重なことになります。

是非この機会に、オートダイレクトにお越しくださいませ。

【AUTOMOBILE COUNCIL 2022】 に出展いたします。

「CLASSIC MEETS MODERN」

4/15(fri)~17(sun) 幕張メッセにて開催される
【AUTOMOBILE COUNCIL 2022】に、出展いたします。

ブースナンバーは、[G10]です。

皆様の、ご来場お待ちしております。

オートモビル カウンシル 2022

幕張メッセ ホール10・11
4月15日(金)10:00~18:00(プレスタイム10:00~12:30)
4月16日(土)10:00~18:00
4月17日(日)10:00~17:00

automobile-council.com

 

【ベントレーコンチネンタル GT コンバーチブル】 ~YouTube~

今回の動画は、「ベントレーコンチネンタル GT コンバーチブル」の、インプレッション動画です。

 

銀座をドライブしながら、このクルマにしかない魅力について存分に語っております!

ベントレーコンチネンタル _GTコンバーチブル_autodirect_001

【オープンカーの内装には暖色系を】

 

ベントレーコンチネンタル _GTコンバーチブル_autodirect_002

存在感のある「GTコンバーチブル」の幌には、鮮やかな差し色がマッチする。

 

ベントレーコンチネンタル _GTコンバーチブル_autodirect_003

皆様、その理由がわかりますか?

 

色彩学の観点からみても、上手くカラーセレクトされている1台かと思われます。

ただいま販売中の、ホットな1台です!(※4/9現在)

YouTube

是非、ご覧ください!

「中年と中古車」【YouTube】~FORZA STYLE~

この度、FORZA STYLE様が運営するYouTube番組「中年と中古車」に特集していただきました!

AUTODIRECT_W461_中年と中古車_001 AUTODIRECT_W461_中年と中古車_002

2021/5月の特集から2回目の出演となり、大変嬉しく思います。

AUTODIRECT_W461_中年と中古車_003

撮影中の1コマです。

今回は、ゲレンデヴァーゲン【250GD WOLF】の、試乗インプレッション(前編)をメインに、

オートダイレクト秘密の地下駐車場も併せてご紹介しております(後編

AUTODIRECT_W461_中年と中古車_004 AUTODIRECT_W461_中年と中古車_005 AUTODIRECT_W461_中年と中古車_006

ポルシェ992GT3アストンマーティンDBAR1コンチネンタルGTコンバーチブル etc

魅力的なクルマがたくさん出演しておりますので、みなさま是非ご覧ください!

 

 

 

「ノスタルジック2デイズ」に出展中です!

第13回【Nostalgic2Days】

Octaneブースにて、希少なメルセデスベンツ2台を、展示しております!

メルセデスベンツ_250GD_Wolf_AUTODIRECT

メルセデス ベンツ 250GD Wolf

 

メルセデスベンツ_280SL_AUTODIRECT

メルセデス ベンツ 280SL 1970

もちろん、現地商談・ご購入も可能です!

他にも魅力的な車がたくさん出品されておりますので、みなさま是非お越しください。


 

 

「ポルシェ カブリオレ」の魅力について【997型 ターボ カブリオレ】

PORSCHE911【type997 turbo cabriolet】2010年式が、入庫しました。
997_PORSCHE911_turbo_cabriolet_autodirect_001

弊社ユーザー様から直接買取させていただいた1台。

新車時より都内の「ポルシェセンター」にて、しっかりと整備がされてきた大変素性の良い個体です。
997_PORSCHE911_turbo_cabriolet_autodirect_002

気になるホイールの小傷、Frバンパーの飛び石による傷も、入庫時にしっかりと補修しました。

遠方にお住まいでオンラインのみで購入を検討されている方にも、

自信を持ってお届けできるコンディションに仕上がっております。

997_PORSCHE911_turbo_cabriolet_autodirect_003 997_PORSCHE911_turbo_cabriolet_autodirect_003

エクステリアにはオプションカラーの【バサルトブラック】、

インテリアは全面にレッドが使用されております。
997_PORSCHE911_turbo_cabriolet_autodirect_004 997_PORSCHE911_turbo_cabriolet_autodirect_005

幌にブラックをセレクトしている点が非常におしゃれで上手な組み合わせ。
997_PORSCHE911_turbo_cabriolet_autodirect_006

オープンとクローズで印象が大きく変わる、オールブラックの印象から突き抜けるようなレッドが解放される様はもちろん、

幌をボディと同色にすることでクーペの美しさも感じられます。
997_PORSCHE911_turbo_cabriolet_autodirect_007

世界の名だたる一流メーカーのオープンモデルを是非ご覧になってください。

オープンとクーペを比べて、ボディラインの美しさにここまで変化がないのはポルシェだけ。

さらに色を統一させることにより、よりその緻密に計算されたデザイン性に気づかされます。

ボディ剛性こそ、やはりクーペには劣りますが、

デザイン面においてポルシェほど気兼ねなくカブリオレを選択できるブランドはありません。
997_PORSCHE911_turbo_cabriolet_autodirect_008

オールレッドのインテリアは多少好みの分かれる点かもしれませんが、実は大きな利点があります。

暖色系、明るい色をインテリアにセレクトすることで室内空間が広く感じられるので、オープンカーの解放感がぐっと増します。

写真でも十分ですが、是非いろいろな現車を実際に見て感じてみてください。

実際に運転席に座ってオープンにしてみると、その大きな違いを実感できるはずです。
997_PORSCHE911_turbo_cabriolet_autodirect_009

ポルシェのカブリオレにおいて、隠れた魅力の一つでもあるのが【カブリオレにしかないリアのデザイン】

オープンスタイルを横から眺めた際に、美しく曲線を描いていることがわかります。
997_PORSCHE911_turbo_cabriolet_autodirect_010

1989年、ビッグバンパーの時代に復活した【スピードスター】

スピードスターの衝撃的な曲線の美しさを彷彿とさせるそのデザイン性も、

997カブリオレをセレクトするポイントのひとつではないでしょうか。
930_PORSCHE911__autodirect_001

クーペとカブリオレの平均価格差は100~150万円。
サーキット走行も想定されるユーザー様には「クーペ」をおススメしますが、
もし街乗りで、ポルシェを思う存分楽しみたいという方には、
この価格差を加味しても「カブリオレ」を選択する価値は大いにあると思います。
997_PORSCHE911_turbo_cabriolet_autodirect_011

今回入庫したのは997【後期型】
996~997前期型のインターミディエイトシャフトのべリング破損の懸念も解消されました。
さらに走行距離も2.4万キロ。ポルシェセンター整備記録。ターボの面白さ。カブリオレの贅沢さ。
さらに、ポルシェカブリオレの魅力を最大限に引き出すカラーセレクト。

997_PORSCHE911_turbo_cabriolet_autodirect_012

オートダイレクトで仕入れ販売する車両は【カーライフを彩るパートナーに相応しい1台】
今回入庫した「997ターボカブリオレ」も、自信をもっておススメできるそんな1台になっております。

是非この機会にオートダイレクトにおこしくださいませ。

997_PORSCHE911_turbo_cabriolet_autodirect_013

【世界限定99台】ASTON MARTIN DBAR1【Zagato】

世界限定99台、超希少モデルのアストンマーティン【DB AR1】が入庫しました。

【AR】とは【American Roadster】

雨が少ないカリフォルニア州向けに開発された、ソフトトップもハードトップも備えない純粋なオープン・カー

今回入庫した個体には、特別オーダーのハードトップがオプション装備された1台

ザガートを象徴する【ダブルバブル】デザインも見事に再現されています。

DB AR1は、イタリアの名門カロッツェリアであるZagatoがデザインを手がけ、
2003年から2004年の1年間で世界限定99台のみ製作された大変希少なモデル。

2002年のルマン24時間耐久レースで,当時のCEOウルリッヒ・ベッツがDBR1をドライブ。
深くインスパイアされたベッツは翌年のペブルビーチコンクールデレガンスにてザガートに構想を持ち掛け、
このカルフォルニアスタイルのDB AR1が誕生しました。

前年には、DB7のホイールベースを60㎜短縮したショートシャシーが採用されたDB7VantageZagatoが登場しておりますが、
DB AR1はDB7と同じ2591㎜のホイールベースが採用され、よりオリジナルのDB7に近いモデルといえます。

デザインはベースであるDB7の面影をしっかりと残しつつも、フロントマスクやリアのデザインはしっかりとZagatoのエッセンスが感じられます。
性能面では、DB7GTの6リッターアルミブロックV12エンジンを流用し、435馬力、最高速度は290㎞/hに達します。

インテリアには、シートに施されたダイヤモンドキルティング加工や、後席中央にはアーチ形の特別な加工が施されており、
世界限定99台の希少性に相応しいエレガントさと、ルーフをもたない純粋なオープンカーのボディ剛性の追求が見事に融合された造りとなっております。

世界的に希少性の高いモデルであり、国内で実際に御覧いただき、購入できる機会は非常に貴重です

是非この機会に現車をご覧くださいませ。