BLOG ブログ
BLOG ブログ

Update

【JAGUAR XK120 Roadster】入庫。

1954年式【 jaguar XK120 Roadster】ウィリアムライオンズの傑作が入庫しました。

jaguar_XK120_Roadster_AUTODIRECT_001 jaguar_XK120_Roadster_AUTODIRECT_002

jaguar初の完全自社開発【XK型直列6気筒DOHC】最高速度120mph(193km/h)

その後30年以上jaguarの心臓として採用され続けた名作のエンジンを搭載

jaguar_XK120_Roadster_AUTODIRECT_003 jaguar_XK120_Roadster_AUTODIRECT_004

ウィリアムライオンズらしい曲線の美しさ、性能の高さが米国を中心に評価され、

jaguarの名前を一流のモーターカーブランドとして不動の地位に確立させたモデルとなります。

jaguar_XK120_Roadster_AUTODIRECT_005 jaguar_XK120_Roadster_AUTODIRECT_006

1951年、XK120をベースに開発されたレーシングモデル【XK120C】

C-typeと呼ばれたこの1台は、1953年のルマン24時間耐久レースで優勝。

XK120の総合的な性能の高さを世界中に証明する結果となりました。

皆様お気づきのとおり、

1961年に誕生する、世界一美しい車と評された【E-type】へと続くモデルコードの誕生の瞬間です。

輝かしい功績を残したXK120 。

Roadsterの生産台数は1950年から1954年の4年間でわずか7614台。

70年の歳月が経過した今、現存し、実際にドライブできるコンディションであることが奇跡であり、

購入できる機会が非常に少ない貴重な1台となります

jaguar_XK120_Roadster_AUTODIRECT_007 jaguar_XK120_Roadster_AUTODIRECT_009

jaguar_XK120_Roadster_AUTODIRECT_010

是非この機会にオートダイレクトにお越しくださいませ。

jaguar_XK120_Roadster_AUTODIRECT_011

 

 

【Mercedes Benz 280SL】カリフォルニアロードスター【パゴダルーフ】

新年あけましておめでとうございます。

弊社をご愛顧いただいております皆様、いつも弊社ホームページ・ブログをご覧いただいております皆様、

2022年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

今年最初のブログは、【Mercedes Benz 280SL】を、ご紹介いたします。

Mercedes Benz 280SL_AUTODIRECT_001

Mercedes Benz 280SL (W113・1970年式)

 

大変希少な【カリフォルニアロードスター】

幌とその収納部を取り払い、4シートの特別仕様に変更されたモデルです。

Mercedes Benz 280SL_AUTODIRECT_002

【パゴダルーフ】は装備されておりますので、

Mercedes Benz 280SLのクローズドスタイルの美しさもご堪能いただけますし、雨天時のドライブも可能です。

Mercedes Benz 280SL_AUTODIRECT_003

いわゆる【縦目】のメルセデス

デザイナー【ポールブラック】の最高傑作といわれ、300SLの血を受け継ぎ、

縦目のSLシリーズとしては最も人気を博し、ベストセラーとなったのが【Mercedes Benz 280SL】

Mercedes Benz 280SL_AUTODIRECT_003

Mercedes Benz 280SL_AUTODIRECT_005

モデルとしての歴史も素晴らしく、このクラスとなれば芸術品として眺めて楽しむコレクターも多くなりますが、

今回入庫した個体は【しっかりと走り、しっかりと整備されてきた】1台。

変速ショックは驚くほどに小さく、機関系のコンディションは非常に良好で、日常的にドライブしていただけます。

Mercedes Benz 280SL_AUTODIRECT_006

内装は新車のようなコンディション、さらに機関系のグッドコンディションもあり、

古き良き時代のメルセデスの重厚なドアを閉めた瞬間に、50年の時をタイムスリップしたような感動を味わえます。

Mercedes Benz 280SL_AUTODIRECT_007

【パゴダ ルーフ】のクローズドスタイルをしばらくお楽しみください。

桜が咲く頃にはカリフォルニアロードスターの純粋なオープンスタイルを。

乗って、眺めて、オールシーズン楽しめる芸術品となります。

 

Mercedes Benz 280SL_AUTODIRECT_008

 

是非この機会に、オートダイレクトにお越しくださいませ。

【世界限定99台】ASTON MARTIN DBAR1【Zagato】

世界限定99台、超希少モデルのアストンマーティン【DB AR1】が入庫しました。

【AR】とは【American Roadster】

雨が少ないカリフォルニア州向けに開発された、ソフトトップもハードトップも備えない純粋なオープン・カー

今回入庫した個体には、特別オーダーのハードトップがオプション装備された1台

ザガートを象徴する【ダブルバブル】デザインも見事に再現されています。

DB AR1は、イタリアの名門カロッツェリアであるZagatoがデザインを手がけ、
2003年から2004年の1年間で世界限定99台のみ製作された大変希少なモデル。

2002年のルマン24時間耐久レースで,当時のCEOウルリッヒ・ベッツがDBR1をドライブ。
深くインスパイアされたベッツは翌年のペブルビーチコンクールデレガンスにてザガートに構想を持ち掛け、
このカルフォルニアスタイルのDB AR1が誕生しました。

前年には、DB7のホイールベースを60㎜短縮したショートシャシーが採用されたDB7VantageZagatoが登場しておりますが、
DB AR1はDB7と同じ2591㎜のホイールベースが採用され、よりオリジナルのDB7に近いモデルといえます。

デザインはベースであるDB7の面影をしっかりと残しつつも、フロントマスクやリアのデザインはしっかりとZagatoのエッセンスが感じられます。
性能面では、DB7GTの6リッターアルミブロックV12エンジンを流用し、435馬力、最高速度は290㎞/hに達します。

インテリアには、シートに施されたダイヤモンドキルティング加工や、後席中央にはアーチ形の特別な加工が施されており、
世界限定99台の希少性に相応しいエレガントさと、ルーフをもたない純粋なオープンカーのボディ剛性の追求が見事に融合された造りとなっております。

世界的に希少性の高いモデルであり、国内で実際に御覧いただき、購入できる機会は非常に貴重です

是非この機会に現車をご覧くださいませ。

【ポルシェ911】2台の992 入庫しました。

「オートダイレクト」自社本国オーダー

2台の【ポルシェ911 #992】が、入庫しました。

 

PORSCHE911_GT3_TYPE992_AUTODIRECT_001

【PORSCHE 911 GT3 #992/6MT/color:クレヨン】

PORSCHE911_GT3_TYPE992_AUTODIRECT_002

PORSCHE911_GT3_TYPE992_interior_AUTODIRECT_001

 

PORSCHE911_Targa4_992_AUTODIRECT_001

【PORSCHE911 Targa4/#992 color:( PTS)オークグリーンメタリック】

PORSCHE911_Targa4_992_interior_AUTODIRECT_001

PORSCHE911_Targa4_992_AUTODIRECT_002

 

どちらもモデル特性を最大限にフィーチャリングした、こだわりの仕様

攻撃的な「PORSCHE911 GT3」と、優雅で落ち着いた「PORSCHE911 Targa4」

先に入庫した【PORSCHE911 GT3 6MT/color:(PTS)スレートグレー】と3台並べて

贅沢なセレクトショッピングをお楽しみください♪

【PORSCHE911_GT3_992_AUTODIRECT

【PORSCHE911 GT3 6MT/color:(PTS)スレートグレー】

PORSCHE_911_GT3_992_AUTODIRECT

【PORSCHE 911 GT3 #992/6MT/color:クレヨン】

PORSCHE911_Targa4_992_AUTODIRECT_01

【PORSCHE911 Targa4/#992 color:( PTS)オークグリーンメタリック】

 

さらに、空冷ポルシェの入庫も続々と予定しております。

皆様、この機会に【AUTO DIRECT】にお越しください。

【究極のGT】オープンカーの季節にモダンベントレーという選択【コンチネンタル】

春は桜、夏は晴れ渡る海岸線、秋は紅葉、冬は宝石のように輝く街路樹

オープンカーの季節は一年中続き、運転という日常を非日常に変えてくれる贅沢。

 

今回ご紹介するのは2019年モデル 【ベントレー コンチネンタルGTC】

BENTLEY_CONTINENTAL GTC_AUTODIRECT_001

BENTLEY CONTINENTAL GTC_AUTODIRECT_002

W型 12気筒 6L ターボエンジン
最高出力:635ps/6000rpm(+45ps)
最大トルク:91.8kgm/1350-4500rpm(+18.4kgm)
0-100km/h加速:3.7秒(-0.8秒)
最高速度:333km/h(+14km/h)
トランスミッション:8速デュアルクラッチ
ドライブモード(4モード):スポーツ/コンフォート/ベントレー(バランス)/カスタム

BENTLEY CONTINENTAL GTC_AUTODIRECT_003

受注形式はフルオーダーメイドに近いベントレー。
内外装の細かいところに目を向ければ、1台1台が本当に個性的で面白いことが特徴のひとつ。

この度入庫した1台は、王道のブラックやホワイトではなく、なんともイギリス車らしいモダンで上品なトータルセレクト。

BENTLEY CONTINENTAL GTC_AUTODIRECT_004

BENTLEY CONTINENTAL GTC_AUTODIRECT_005

週末にはブティックに横付けしてショッピング、ディナーの後には幌を開けて遮るもののない夜景を堪能。
「どこに行ってなにをしようか」
そんなことを考えているだけでワクワクするような1台でございます。

2017年にフランクフルトモーターショーにて3代目「コンチネンタルGT」が発表され、
翌年18年にGTCが発表されました。
EXP10speedのデザイン性をそのまま市販車に落とし込み、
性能、デザイン、車格、全てにおいてラグジュアリーGTの頂点に君臨しました。

BENTLEY CONTINENTAL_001

BENTLEY CONTINENTAL_002

2代目コンチネンタルからフロントアクスルを130㎜前方にへ移動したことで、これまでの少々ボリューム感の強い印象から、
よりGTカーらしい「ロングノーズショートデッキ」スタイルに。
横から眺めたスタイルは流線的で優雅で美しく、どこか若者向けに感じられた2代目から、完全なるラグジュアリージェントルカーとなりました。

BENTLEY CONTINENTAL GTC_AUTODIRECT_006

BENTLEY CONTINENTAL GTC_AUTODIRECT_007

【理屈ではなく本能的な美的感覚に直接訴えかけてくるようなデザイン】
「ここがいい、ここのラインが、ここのデザインが」
そんなピンポイントな評価ではなく、まるで絵画を眺めているような感覚に似た感動は、
確かな技術に裏付けされたもの。
ボディの整形には【スーパーフォーミング技術】を採用。
これは、アルミニウム素材を500℃まで加熱して成型する技術で、より正確な成型を可能とするもの。
物作りの限界に挑戦し続ける【航空宇宙産業】で採用される技術となります。

BENTLEY CONTINENTAL GTC_AUTODIRECT_008

BENTLEY CONTINENTAL GTC_AUTODIRECT_009

インテリアはより現代的で高級感のあるものに変わりました。
現代車のトレンドである小振りでシャープなステアリング、
空間を包み込むようにシームレスに設計されたセンターコンソールはいかにもイギリス車らしく。
レザー加工は【ダイヤモンド イン ダイヤモンド】とよばれる新デザインに変更されました。

BENTLEY CONTINENTAL GTC_AUTODIRECT_010

BENTLEY CONTINENTAL GTC_AUTODIRECT_011

BENTLEY CONTINENTAL GTC_AUTODIRECT_012

ポルシェと共通のプラットフォームで生産される3代目コンチネンタルの足回りも、大幅な進化を遂げました。
【カイエン】【パナメーラ】【タイカン】にも採用される3チャンバー方式のサスペンションを採用。
エアボリュームは60%以上も大きく確保され、極上の乗り味を実現しました。

【進化し続けるコンチネンタル】
その本質であり、本物の乗り味を楽しむのであれば間違いなく12気筒。
そして今回入庫したモダンベントレーは、今回のコンセプトにも見事にマッチした最高の1台。

BENTLEY CONTINENTAL GTC_AUTODIRECT_013

BENTLEY CONTINENTAL GTC_AUTODIRECT_014

BENTLEY CONTINENTAL GTC_AUTODIRECT_015

さらにコンバーチブルという贅沢品

BENTLEY CONTINENTAL GTC_AUTODIRECT_015

トータル6万6000台のビッグセールスを記録しておきながら、ここまで大幅に改良を加えての今回のモデルチェンジ。
ベントレーの飽くなき探求心から生まれた究極のGTカー

BENTLEY CONTINENTAL GTC_AUTODIRECT_016

是非この機会に「オートダイレクト」で手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

詳しくは、こちらを。

【ポルシェ911】刺激的な2台が入庫しました【アストン】

立て続けに刺激的な2台が入庫しました!

1台目は【アストンマーティンN430ロードスター】

アストンマーティンN430 ロードスター_001

N(ニュルブルクリンク)430(bhp)

の名前由来の通り、正直、通常のV8vantageとは別格です。

レーシングカーベースで生産されたN430は、通常のvantageからさらに10馬力アップ

4.7リッターV8エンジンは436馬力を発揮し、トップスピードは時速308㎞/h

エグゾーストサウンド、足回りの剛性、低速域でのトルク感、内外装のディテーリング

全てにおいて特別

アストンマーティンN430 ロードスター_002

アストンマーティンN430 ロードスター_003

アストンマーティンN430 ロードスター_004

通常の「V8vantage」は、アストンエントリーモデルとしては非常に優秀です。

サイズ感もちょうど良く、V12モデルにはない唯一無二のデザイン

V8エンジンだからこそ、街乗りで高回転まで回せる楽しさがあります。

ガレージを彩る1台として、なくてはならない存在です。

オートダイレクト_アストンマーティン

「オートダイレクト」ではそれぞれのMT仕様をストックしておりますので、

その違いを実際にご堪能くださいませ。

ASTON_MARTIN_AUTODIRECT_001

刺激のN430か、優雅なV8か

どうぞお好みのvantageを。

ASTON_MARTIN_AUTODIRECT_N430_interior

 

2台目は空冷ポルシェ911【type993 カレラS tip】です。

圧倒的な素性の良さ

【1オーナー/品川2桁ナンバー/ミツワ物】

過去の記録もファイリングされて残っており、全てディーラー整備。

PORSCHE911_993_004

PORSCHE911_993_003

1997年の1年間のみ生産され、さらに「カレラS」は、日本限定仕様。

世界中で日本にのみ存在した【ワイドボディを有するカレラ】です。

最後の空冷ポルシェとして有終の美を飾った【type993】型の最終モデル
M64ユニット/285馬力の3.6リッターフラットシックス。

ワイド化されたボディが実現するコーナリング性能

長い歴史の節目に生まれた【究極の911】となります。

PORSCHE911_993_002

素性の良さもあり、まさしく【一生もののポルシェ】でなはいでしょうか。

是非この機会にオートダイレクトにお越しください。

PORSCHE911_993_001

Aston Martin N430ロードスター

PORSCHE 911 (993カレラS)

【入庫速報】モダンテイストの「コンチネンタルGTC」が入庫しました

 

モダンテイストで非常にセンスの良いコンチネンタルGTCが入庫しました

 

 

 

 

内装のウッドパネル、ツートンのレザーの相性が良く、

オープンエアでゆったりと流したくなるような1台

 

 

 

 

1日でも早く皆様にお届けできるよう、各所ブラッシュアップを進めております

 

 

引き続き、オートダイレクトブログにご注目ください

 

 

株式会社 オートダイレクト
〒106-0044
東京都港区東麻布1‐13-2‐101
TEL:03‐5573‐8777
MAIL:sales@autodirect.jp

【動画撮影】ポルシェ918spyder 【近日公開】

 

2021年3月16日

オートダイレクトに入庫したポルシェ918spyder

 

 

 

 

国内登録に向けて着々と作業をしており、月内にはナンバー取得予定です

 

 

 

 

フルカーボンのボディは総重量わずか1490kg

620馬力の4.6L V8エンジンをミッドシップに配置し、さらに前後に合計3個、計220馬力を発揮するモーターを搭載、

システム合計は887馬力に達します

 

 

 

 

0-100加速2.8秒をマークし、トップスピードは345㎞/h

ニュルブルクリンクでは991 GT2 RSの7分18秒を大幅に塗り替え、

当時市販車最速の6分57秒のラップタイムをマークしました。

 

 

 

 

 

これほどのハイスペックでありながら、リッター30㎞の燃費性能

これは初代プリウスを凌ぐ数字になります

 

 

 

 

918の異次元の迫力、エンジンサウンド、加速感を皆様によりリアルにお伝えできるよう、

プロモーション、インプレッション動画の撮影、公開を予定しております

 

 

 

 

 

みなさま、引き続きオートダイレクトブログにご注目ください!

 

【入庫速報】fully restoredのMGA1500ロードスターが入庫しました【コレクションカー】

 

非常にコレクション性の高い上質なMGAが入庫しました

 

1958年モデル ファクトリーレコード取得済み

1986年に日本国内登録された個体になります

 

 

 

 

 

 

休日にはオープンテラスのカフェにドライブに行き、

コーヒーカップを傾けながら思わず一日中眺めてしまいそうな美しいデザイン

 

 

 

 

 

 

THE英国クラシックといえる美しいブリティッシュグリーンにウッドパネル

日本の四季折々のドライブシーンに映える1台

 

 

 

 

1958年からタイムスリップしてきたようなコンディション

これほどまでに状態の良いMGAはなかなか見つかりません。

 

 

近日中に公開となります

皆様、いましばらくお待ちください

 

 

【入庫速報】アルピナの心臓を持つブガッティtype55【デラシャペル】

 

 

非常に面白い車が入庫しました!

 

 

1930年代の名車ブガッティtype55のエクステリアにBMWアルピナのエンジンを積んだ

世界限定88台、超マニアックなモデル

1990年式 デラシャペル T55 Roadsterが入庫しました

 

 

 

 

 

コンクール・デレガンスでは7.5億円の金額で落札されたブガッティtype55

 

 

 

 

80年の時を超えても色褪せることのない名車中の名車ですが

 

その強烈で美しく洗練されたtype55のデザインをそのままに、ブガッティ公認でエンブレムを掲げ、

BMW公認でアルピナのエンジンを積む、デラシャペル社製の1台

 

それがデラシャペルT55ロードスターになります

 

 

 

 

 

わずか88台のみ生産されたT55

オートダイレクトの1台は90年製のNo.69

つまり、210馬力のアルピナB6 2.7リッター 直6エンジンを積む最終モデルになります

 

 

わずか1170kgのボディにアルピナの210馬力直6エンジン

抜群の加速感をご堪能ください

 

 

 

 

 

 

中身は1990年、外装からは想像もつきませんがエアコンもばっちり効きます

季節を問わず、いつでもお楽しみいただける1台でございます

 

 

 

 

 

1930年代のブガッティの名車type55に現代の走行性能と快適性を落とし込んだ

いいとこどりで贅沢な1台

 

早朝の銀杏並木、深夜の首都高、桜満開の目黒川、紅葉の箱根

四季折々をどこまでも贅沢に、自分勝手に、自由気ままに

 

 

近日中に掲載開始となります

是非この機会にデラシャペル t55 ロードスターをご検討くださいませ。