BLOG ブログ
BLOG ブログ

Update

3台のポルシェ911【993】が、ございます。~最高の3台から最高の1台を~

ネオクラシック。経年相応。経歴不明。
世界的な空冷ブームの中、たった1台、妥協のない1台を見つけることは困難になりました。
【最後の空冷 993】
空冷ポルシェ911は993型で完結し、すべてが帰結する。

ポルシェの不変なるスタイルを貫いた、911の最終進化系。
一度は手に入れたい。また乗りたい。最後に乗りたい。
様々な気持ちを抱えて、自分に合った最高の1台を探されている方も多いのではないでしょうか。

今、このタイミングであれば、最高の3台から最高の1台をお選びいただけます。

ポルシェ911_993_オートダイレクト_001

ポルシェ911_993_オートダイレクト_002

ポルシェ911_993_オートダイレクト_003

個性豊かな3台がそろいました。
是非、3台並べてお選びください。

1995年式 前期993カレラ/ティプトロニック
ミツワ/ポーラシルバー/品川34ナンバー/3オーナー

ポルシェ911_993_オートダイレクト_004

王道で不動の人気、安定感を誇る「ポーラシルバー」の個体。
ティプトロニックならではの、どっしりとした加速感は、
肩の力を抜いて、ゆったりと、993との一体感を楽しみたい方におススメです。
品川34ナンバーの個体ですので、この歴史的な価値を受け継いで、
長くお付き合いいただけるオーナー様には、一生モノのポルシェかもしれません。

ポルシェ911_993_オートダイレクト_005

1997年式 993カレラS/ティプトロニック
ミツワ/ベスビオグレーメタリック

ポルシェ911_993_オートダイレクト_006

天気、光の加減、昼夜のシチュエーションによって、多彩な表情をみせる【ベスビオグレーメタリック】の個体。
カレラSのワイドボディに、300馬力を発揮するバリオラムエンジンを搭載しております。
日常的に、時にはワインディングを。
993のポテンシャルをあらゆるシチュエーションで存分に楽しみたい方には【カレラS】をおススメします。

ポルシェ911_993_オートダイレクト_007

1996年式 後期993カレラ/6MT
ミツワ/2オーナー/2桁ナンバー/スピードイエロー

ポルシェ911_993_オートダイレクト_008

285馬力を発揮する後期型バリオラムエンジンを搭載した、貴重なマニュアルの個体です。
エクステリアカラーは、ビビッドすぎない、レーシーでありポルシェらしい遊びのある「スピードイエロー」がセレクトされており、
ネオクラシックな雰囲気のオールブラックインテリアによって、バランスよく引き締まった印象を受けます。
センス良し、素性よし、貴重なマニュアルと、
今手に入れておかない理由がない、至高の1台ではないでしょうか。

ポルシェ911_993_オートダイレクト_009

どれも個性的で、魅力的で、ぞれぞれの良さを持ったポルシェ911【993】となります。
まるでセレクトショップのように、ご自身にあった最高の911を、お選びください。

ポルシェ911_993_オートダイレクト_010

是非この機会に、オートダイレクトにお越しくださいませ。

【撮影】PORSCHE911

今回は、
バイクやクルマをエレガントに楽しむ、「大人のためのモータースタイル」をご提案されている
Motorimoda様のカタログ撮影の為、PORSCHE911(964)を、提供をさせていただきました!

 

motorimoda_autodirect_porsche911_964_001

オートダイレクトでは、「クルマはただの移動手段ではなく、自己のライフスタイルを表現するパートナー」と、考えています。

どこまでもクルマを楽しみたい。

そんな方々が集うMotorimoda様には、是非ともご協力させていただきたいと思い、
【ポルシェ911 carrera2 (964)】を、ご提供いたしました!

motorimoda_autodirect_porsche911_964_002

motorimoda_autodirect_porsche911_964_003

 

銀座に構える店舗にもお邪魔させていただきましたが、
クラシックカーから現代車まで、SUVからスポーツカーまで、

あらゆるクルマに併せて着こなしたくなるようなアイテムが盛りだくさん。

motorimoda_autodirect_porsche911_964_004

店舗前にて。

オートダイレクトからもお近くですので、是非弊社で最高の1台を見つけ、

Motorimoda様で最高の「モータースタイル」を。

motorimoda_autodirect_porsche911_964_005

皆様の素敵なカーライフパートナーに、
ぜひともオAUTO DIRECTとMotorimoda様をよろしくお願いいたします!

motorimoda_autodirect_porsche911_964_006

PORSCHE911【Type992GT3】オプション その1

弊社がオーダーした、【992GT3スレートグレー】 拘りオプションのご案内です。

ブレーキキャリパーは、ハイグロスブラック塗装

ホイールは、サテンブラック塗装ホイール&シャークブルーのアクセントリングを。

 

細部かつ贅沢なオプションですが、「おしゃれは足元から。」

PORSCHE911[Type992_GT3]_AUTODIRECT

PTS「スレートグレー」に、とても相性の良い最高の足回りの完成です。

 

【AUTO DIRECT】拘りのオプションが満載の、PORSCHE911【Type992GT3】

車両詳細は、こちらを。

 

お問合せ、ご相談など スタッフ一同 お待ちしています。

 

 

※PTS=Paint to Sample 好きなカラーにペイントすることができる特別なプログラムです。

「ポルシェ カブリオレ」の魅力について【997型 ターボ カブリオレ】

PORSCHE911【type997 turbo cabriolet】2010年式が、入庫しました。
997_PORSCHE911_turbo_cabriolet_autodirect_001

弊社ユーザー様から直接買取させていただいた1台。

新車時より都内の「ポルシェセンター」にて、しっかりと整備がされてきた大変素性の良い個体です。
997_PORSCHE911_turbo_cabriolet_autodirect_002

気になるホイールの小傷、Frバンパーの飛び石による傷も、入庫時にしっかりと補修しました。

遠方にお住まいでオンラインのみで購入を検討されている方にも、

自信を持ってお届けできるコンディションに仕上がっております。

997_PORSCHE911_turbo_cabriolet_autodirect_003 997_PORSCHE911_turbo_cabriolet_autodirect_003

エクステリアにはオプションカラーの【バサルトブラック】、

インテリアは全面にレッドが使用されております。
997_PORSCHE911_turbo_cabriolet_autodirect_004 997_PORSCHE911_turbo_cabriolet_autodirect_005

幌にブラックをセレクトしている点が非常におしゃれで上手な組み合わせ。
997_PORSCHE911_turbo_cabriolet_autodirect_006

オープンとクローズで印象が大きく変わる、オールブラックの印象から突き抜けるようなレッドが解放される様はもちろん、

幌をボディと同色にすることでクーペの美しさも感じられます。
997_PORSCHE911_turbo_cabriolet_autodirect_007

世界の名だたる一流メーカーのオープンモデルを是非ご覧になってください。

オープンとクーペを比べて、ボディラインの美しさにここまで変化がないのはポルシェだけ。

さらに色を統一させることにより、よりその緻密に計算されたデザイン性に気づかされます。

ボディ剛性こそ、やはりクーペには劣りますが、

デザイン面においてポルシェほど気兼ねなくカブリオレを選択できるブランドはありません。
997_PORSCHE911_turbo_cabriolet_autodirect_008

オールレッドのインテリアは多少好みの分かれる点かもしれませんが、実は大きな利点があります。

暖色系、明るい色をインテリアにセレクトすることで室内空間が広く感じられるので、オープンカーの解放感がぐっと増します。

写真でも十分ですが、是非いろいろな現車を実際に見て感じてみてください。

実際に運転席に座ってオープンにしてみると、その大きな違いを実感できるはずです。
997_PORSCHE911_turbo_cabriolet_autodirect_009

ポルシェのカブリオレにおいて、隠れた魅力の一つでもあるのが【カブリオレにしかないリアのデザイン】

オープンスタイルを横から眺めた際に、美しく曲線を描いていることがわかります。
997_PORSCHE911_turbo_cabriolet_autodirect_010

1989年、ビッグバンパーの時代に復活した【スピードスター】

スピードスターの衝撃的な曲線の美しさを彷彿とさせるそのデザイン性も、

997カブリオレをセレクトするポイントのひとつではないでしょうか。
930_PORSCHE911__autodirect_001

クーペとカブリオレの平均価格差は100~150万円。
サーキット走行も想定されるユーザー様には「クーペ」をおススメしますが、
もし街乗りで、ポルシェを思う存分楽しみたいという方には、
この価格差を加味しても「カブリオレ」を選択する価値は大いにあると思います。
997_PORSCHE911_turbo_cabriolet_autodirect_011

今回入庫したのは997【後期型】
996~997前期型のインターミディエイトシャフトのべリング破損の懸念も解消されました。
さらに走行距離も2.4万キロ。ポルシェセンター整備記録。ターボの面白さ。カブリオレの贅沢さ。
さらに、ポルシェカブリオレの魅力を最大限に引き出すカラーセレクト。

997_PORSCHE911_turbo_cabriolet_autodirect_012

オートダイレクトで仕入れ販売する車両は【カーライフを彩るパートナーに相応しい1台】
今回入庫した「997ターボカブリオレ」も、自信をもっておススメできるそんな1台になっております。

是非この機会にオートダイレクトにおこしくださいませ。

997_PORSCHE911_turbo_cabriolet_autodirect_013

【ポルシェ911】ご納車

オートダイレクトには、東京以外の街にも多くのお客様がいらっしゃいます。

今回は、お買い上げいただいたポルシェ911のご納車に、福岡県福岡市へ。

 

「’91 ポルシェ911 カレラ2」は、東京、有明より、フェリーに。

そして、新門司港に到着。

生憎の天気となりましたが、テストドライブを兼ね一路、福岡市内まで移動です。

機関、内外装ともに仕上がった「ポルシェ911」は、

安定した走りで、無事に新しいオーナーのもとへとお届け出来ました。

 

オートダイレクトは、これからも
全国の街に、こだわりの1台をお届けします。

ご相談ください。

【ポルシェ911】2台の992 入庫しました。

「オートダイレクト」自社本国オーダー

2台の【ポルシェ911 #992】が、入庫しました。

 

PORSCHE911_GT3_TYPE992_AUTODIRECT_001

【PORSCHE 911 GT3 #992/6MT/color:クレヨン】

PORSCHE911_GT3_TYPE992_AUTODIRECT_002

PORSCHE911_GT3_TYPE992_interior_AUTODIRECT_001

 

PORSCHE911_Targa4_992_AUTODIRECT_001

【PORSCHE911 Targa4/#992 color:( PTS)オークグリーンメタリック】

PORSCHE911_Targa4_992_interior_AUTODIRECT_001

PORSCHE911_Targa4_992_AUTODIRECT_002

 

どちらもモデル特性を最大限にフィーチャリングした、こだわりの仕様

攻撃的な「PORSCHE911 GT3」と、優雅で落ち着いた「PORSCHE911 Targa4」

先に入庫した【PORSCHE911 GT3 6MT/color:(PTS)スレートグレー】と3台並べて

贅沢なセレクトショッピングをお楽しみください♪

【PORSCHE911_GT3_992_AUTODIRECT

【PORSCHE911 GT3 6MT/color:(PTS)スレートグレー】

PORSCHE_911_GT3_992_AUTODIRECT

【PORSCHE 911 GT3 #992/6MT/color:クレヨン】

PORSCHE911_Targa4_992_AUTODIRECT_01

【PORSCHE911 Targa4/#992 color:( PTS)オークグリーンメタリック】

 

さらに、空冷ポルシェの入庫も続々と予定しております。

皆様、この機会に【AUTO DIRECT】にお越しください。

【YouTube】PORSCHE 964 CUPのインプレッション動画を公開しました!【カップカー】

オートダイレクトYouTubeチャンネル第4弾は【ポルシェ964 カップ】のインプレッションです!

ポルシェ 964 カップ_001_オートダイレクト

 

実際に走行している様子を見れるだけでも貴重な1台。

「ポルシェカレラカップ」を、主戦場とする公道を走るレーシングカー。

ポルシェ 964 カップ_002_オートダイレクト

 

レースに不要なパーツは全て取り外し、あまりにも無機質な空間に、あまりにも攻撃的な乗り味。

ポルシェ 964 カップ_003_オートダイレクト

ポルシェ 964 カップ_004_オートダイレクト

ポルシェ 964 カップ_005_オートダイレクト

 

すでにご成約済の車両ですが、走行シーンを見れるだけでも貴重な1台です。

遮音材のない車内に響き渡るエグゾーストノートは格別。

皆様、是非「ポルシェ 964 カップ」のインプレッション動画をご覧ください!

【ポルシェ911】刺激的な2台が入庫しました【アストン】

立て続けに刺激的な2台が入庫しました!

1台目は【アストンマーティンN430ロードスター】

アストンマーティンN430 ロードスター_001

N(ニュルブルクリンク)430(bhp)

の名前由来の通り、正直、通常のV8vantageとは別格です。

レーシングカーベースで生産されたN430は、通常のvantageからさらに10馬力アップ

4.7リッターV8エンジンは436馬力を発揮し、トップスピードは時速308㎞/h

エグゾーストサウンド、足回りの剛性、低速域でのトルク感、内外装のディテーリング

全てにおいて特別

アストンマーティンN430 ロードスター_002

アストンマーティンN430 ロードスター_003

アストンマーティンN430 ロードスター_004

通常の「V8vantage」は、アストンエントリーモデルとしては非常に優秀です。

サイズ感もちょうど良く、V12モデルにはない唯一無二のデザイン

V8エンジンだからこそ、街乗りで高回転まで回せる楽しさがあります。

ガレージを彩る1台として、なくてはならない存在です。

オートダイレクト_アストンマーティン

「オートダイレクト」ではそれぞれのMT仕様をストックしておりますので、

その違いを実際にご堪能くださいませ。

ASTON_MARTIN_AUTODIRECT_001

刺激のN430か、優雅なV8か

どうぞお好みのvantageを。

ASTON_MARTIN_AUTODIRECT_N430_interior

 

2台目は空冷ポルシェ911【type993 カレラS tip】です。

圧倒的な素性の良さ

【1オーナー/品川2桁ナンバー/ミツワ物】

過去の記録もファイリングされて残っており、全てディーラー整備。

PORSCHE911_993_004

PORSCHE911_993_003

1997年の1年間のみ生産され、さらに「カレラS」は、日本限定仕様。

世界中で日本にのみ存在した【ワイドボディを有するカレラ】です。

最後の空冷ポルシェとして有終の美を飾った【type993】型の最終モデル
M64ユニット/285馬力の3.6リッターフラットシックス。

ワイド化されたボディが実現するコーナリング性能

長い歴史の節目に生まれた【究極の911】となります。

PORSCHE911_993_002

素性の良さもあり、まさしく【一生もののポルシェ】でなはいでしょうか。

是非この機会にオートダイレクトにお越しください。

PORSCHE911_993_001

Aston Martin N430ロードスター

PORSCHE 911 (993カレラS)

【GT3】なぜ今PORSCHE 996 GT3なのか

2001年式 【PORSCHE 911 type 996  GT3 】が入庫しました!

貴重な前期型、生産台数はわずか【1889台】の希少車です。

 

 

 

デビュー当時、空冷エンジンから水冷へ、これまでの系譜を逸したデザイン性、
当時は評価が二分された【type996型】ですが、その工業製品としての質の高さが評価され、すでに海外ではプレミア価格となりつつあります。

 

 

1997年、フルモデルチェンジによってデビューした【Type996】

24年の歳月が流れ、自動車の在り方すら変わろうとしている現代において、生粋のカーガイ達が求めるのは車が強烈な個性を放っていた時代まさに走ることのみを追求していた時代の純スポーツカー。

 

 

初めて【GT3】の名前を冠し、ホモロゲーションモデルとしてデビューした【996型GT3】カタログに載らないまさに生粋のレーシングカー

1400㎏の圧倒的な軽量ボディに、【クラブスポーツ】のボディ剛性。心臓にはレーシングユニットの【M64型エンジン】それらを【993 GT2】から受け継いだミッションで操ります。

 

空冷ポルシェの流れから推察すれば、すでに海外で高い評価を得ている996型の今後の動向は明白です。

今手に入れない理由がない。まさに本物のポルシェが【type996型 GT3】となります。

是非この機会に、【PORSCHE911 996 GT3】を手に入れてみてはいかがでしょうか。

【カレラカップ】ヴァイザッハで生まれた生粋のレーシングカー【964cup】

 

 

今回はポルシェ964cupの特集です!

 

964cup

 

 

 

964cupを知るには、まず「911カレラカップ」について知っておく必要があります。

 

 

 

 

グランドツーリングカーレースの回数が年々減少し、一部長距離レースの開催が危ぶまれる状況が続く中、
危機感を抱いたポルシェは自らレースを運営することを決定しました。

そして誕生したのが「ポルシェカップレース」となります。

 

 

 

 

このレースの魅力の一つには、毎回有名なドライバーがひとり招待されてレースに参加、
一流のドライバーと一緒に走ることで、参加者が自分の腕前をはかれることにありました。

ですが、その一流ドライバーが必ずしもこのレースで勝てない、
むしろ滅多に勝てないことが、このポルシェカップレースのレベルの高さを物語っています。

 

 

 

 

“カップレギュレーション”により厳しく規制されていた参加車両は、
最初の4年は小改造を加えた250PSの944ターボが採用されていました。
そして1990年、ベース車がカレラ2になり、誕生したのが【964cup】になります。

 

 

 

カップカーは工場の生産ラインではなく、ヴァイザッハで組み立てられました。
開発担当のローランド・クスマウルの言葉をそのまま引用すると

「レースに不要なすべての部品を取り外し、標準の仕様を大幅に逸脱しない範囲の改造によって、真のレーシングカーに遜色ないハンドリング性能を与えた」

それが「964cup」でした。

 

 

 

 

 

 

エンジンは標準のカレラ2から15PS上がって265PSにビルドアップ

トランスミッションは1,2速がややハイレシオに変更、
1~4速のシンクロナイザーリングが鉄で、ボーキングの歯が素早いシフトに対応すべく120°の角度にカットされました

 

 

 

 

 

 

車高は標準より55ミリ低く、ホイールは17インチ5スポークのアルミ製で、標準16インチよりも合計11㎏も軽量化。

17インチホイールに変更されたことで、ブレーキキャリパーとディスクは1991年型ターボ仕様になりました。

 

 

 

 

 

 

ロールオーバーケージの取付でボディ剛性は50パーセント向上、車両重量はわずか1120㎏。
通常の964カレラ2より200㎏減量されています。

 

 

 

 

 

今回紹介しましたのは、964cupの特徴のほんの一部でしかなく、

クラッチ、サスペンション、コイルスプリング、フライホイール etc.
それらすべてがもたらす変化は、ステアリングを握れば説明の必要はなくなります。

 

遮音材のない車内に響き渡るエンジンの咆哮の聞けば、通常の964とは別次元にあることは言うまでもありません。

 

 

 

 

過酷なレースを想定して製造された964cupは、パーツこそ量産の964から流用されていますが、

いずれも厳選されたトップクオリティの物を使用

機関系の信頼性や耐久性もポルシェのお墨付きといえます。

 

 

 

 

わずか100台しか製造されなかった非常に希少なモデルであり、

オートダイレクトの964cupも、その厳選された100台のうちの1台となります。

 

エンジンオーバーホール済みですので、そのポテンシャルを存分にご堪能いただけます。

 

 

是非この機会に、この特別なポルシェを手に入れてみてはいかがでしょうか

 

 

 

車両情報は、こちらをご覧ください。

 

 

株式会社 オートダイレクト
〒106-0044
東京都港区東麻布1‐13-2‐101
TEL:03‐5573‐8777
MAIL:sales@autodirect.jp